周辺情報
亀ヶ谷坂
亀ヶ谷坂イメージ 以前に紹介した朝比奈切通し、化粧坂切通しと並び、七切通しの1つが亀ヶ谷切通しです。この切通しも国の史跡に指定されています。扇ガ谷と山ノ内地区を結び、化粧坂切通しと並び、武藏方面に通じる重要な道でした。朝比奈切通しについで昔の面影を色濃く残している道でありながら、現在も往来に使われています。

この坂に使われる亀ヶ谷の地名は現在使われることがありませんが、扇ガ谷の古い呼び名で、この坂の下にある広い地域の総称でした。風土記によると、関東管領である上杉定正がこの地に住んで家名の「扇谷上杉家」をあげ、扇谷殿と称されたことにより、亀ヶ谷の名は廃れました。

『吾妻鏡』によると、治承4年10月7日条には「左典厩(源義朝)之亀谷御旧跡」とあることから、古い地名であったことがわかります。また、建長3年12月3日条に鎌倉市中の商業区域が定められていますが、この時の七カ所の1つに「亀谷辻」が含まれていることから、この地域には町屋が並び往還の人々も多く、かなり賑わっていたと思われます。

この坂自体がいつ切り開かれたのかはっきりしていませんが、仁治元年(1240)10月に北条泰時によって通行の困難であった山ノ内に道を修造させていることから、この頃に整備されたと思われます。

なお、この切通しは大変急な坂であるため、亀が登っていくと途中でひっくり返ったということから亀返り坂とも呼んだという話も残っています。昔ながらの姿を残しながら、人々の生活に密着したこの坂に、鎌倉らしさを見ることが出来るのではないでしょうか。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.