周辺情報
仮粧坂
仮粧坂イメージ 「けわいざか」「けはいざか」と呼ばれるこの坂は、「化粧坂」、「気生坂」、「形勢坂」とも表記されます。『吾妻鏡』には、「気和飛坂」とも記されています。

朝比奈切通しと並ぶ鎌倉の七切り通しの1つで、鎌倉と武蔵の国を結ぶ「武蔵大路」が通る坂です。現在は、扇ガ谷から源氏山公園にむけての屈曲した険しい坂道でしかありませんが、当時の「武蔵大路」は、京都から東海道経由、あるいは関東北部からそれぞれ鎌倉に入る幹線道路であり、鎌倉幕府にとっても大変重要な道でした。

元弘3年(1333)5月、新田義貞による鎌倉攻めにおいては、小袋坂・極楽寺坂と共に主戦場となりました。特に、仮粧坂は義貞自身が本体を率いて攻め込んだ場所です。市街地に近いこの坂がいかに戦略的に重要な場所であったかがわかります。

この仮粧坂の名前の由来には諸説有ります。源平の戦いの頃、平家の大将を討ち取り、その首を化粧して首実検に備えた事から起こったと言う説。またこの坂のふもとに娼家があったからとも言われています。あるいは、単純に「険しい坂」が「けわいざか」になったとも言われ、本当の事はわかっていません。

鎌倉時代後期には栄え、盛り場であった仮粧坂の界隈も、長い年月が経ち、今では人通りもほとんどありません。坂は舗装が途中でとだえ、勾配の急な部分では、露出した石が歩行者の障害となっています。しかし、自然に囲まれ、時に置き忘れられたようなこの坂は、秋には周囲の楓の見事な紅葉が見られると言う事で、それを賞美するために訪れる人も多い紅葉のスポットです。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.