周辺情報
北条氏小町亭
北条氏小町亭イメージ 北条氏といえば、鎌倉時代には欠かせない氏族ですが、当初は関東の一氏族にすぎませんでした。それが、政子が源頼朝公へ嫁ぎ、彼女の父時政が鎌倉幕府創設の際、勲功をたてたことで子孫は代々執権を担い繁栄をします。その中には、源実朝公亡き後の幕府を補佐した泰時、北条氏の執権政治を確立した時頼、元寇の難を果敢に対処した時宗などがいました。

さて、彼ら北条氏を偲ぶことがらの1つに小町亭と称した邸があります。ここに、義時以後おおむねの執権が住みました。場所は、当宮正面を東西に走る横大路を東に進んだ突き当たりで、幕府や鶴岡八幡宮から間近く、北条氏の勢力の程が窺えます。

現在は宝戒寺が建ち、門前には写真の碑があります。北条氏の菩提寺であった東勝寺を再興した寺院で、「萩の寺」として親しまれています。また、三代執権泰時にまつわる次のような逸話が『沙石集』に残っています。

ある日将軍が「人の家には内部を隠すための塀があるのに、泰時の家は中が見える、どういうことだ」といいました。つまり、この邸には塀がなかったのです。周りの武士は「塀を作りましょう」と申し出ますが、泰時は「国々の人夫を使うことは気がとがめ、用心するといっても、運が尽きればそれまでのこと」と断りました。

この邸が質実な武士の精神をよく表していたという話です。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.