周辺情報
小町大路
小町大路イメージ 鶴岡八幡宮から海までを南北に貫く若宮大路の東側に平行し、小町大路があります。現在の道の規模を見る限り、若宮大路に比べ小町大路はひっそりとした裏道のような生活道路です。

治承4年(1180)10月、鎌倉入りした源頼朝公は鎌倉の都市づくりに着手し、当宮を内裏(平安京)に、若宮大路を朱雀大路に見立てたことは有名です。この若宮大路を「詣往道」とし、平行した小町大路は商業地区を貫くメインストリートとして整備されました。

小町大路は「御所へ出仕する者をおくる馬は、人々多数集まる門前の市でいなないていた(『海道記』)」とある門前市の須地賀江町屋より、大町大路と交差し、「東南の一道は多数船の集る港で商人がみちあふれ・・・(前掲書)」と貿易港のあった材木座へ下る和賀江に至る道です。須地賀江町屋とは筋替橋(雪ノ下3丁目)のことで、現在は鎌倉町青年団による石碑がその名をとどめています。

小町大路にはかつて大臣山の東、西大路と小町大路の東横に侍所と本営があった大蔵幕府址があり、北条氏時代には政所、本営、侍所も小町大路にそって東西に門を構えていました。興味深いことに若宮大路と小町大路に挟まれた妙隆寺、大巧寺、本覚寺の門構えはみな小町大路側が正面になっています。また、日蓮上人の辻説法跡もあり、人通りの多い小町大路は日蓮の布教にとっても格好の場所であったのでしょう。

このように小町大路は豊かな歴史を湛えた道路であり、たまには往事を想像しながら散歩をしてみるのもよいでしょう。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.