周辺情報
佐助稲荷神社
佐助稲荷神社イメージ 鎌倉駅西口から一直線に常盤方面を結ぶ道には、市役所を始め様々な役所が点在しますが緑多い閑静な住宅が続きます。佐助稲荷神社へはこの道を法務局の前で右に折れ、「左佐助道」の石碑にしたがい参道に入ります。その装いはしだいに深山に奥入る趣に変わり、幾重にも連なる赤い幟端と鳥居をくぐりながら進むと、やがてうっそうとした老樹に覆われた社殿が現れます。

神社の縁起によれば、蛭ヶ小島に流されていた源頼朝公が病気になったとき、三晩続けて鎌倉の隠れ里の稲荷と称する白髪の翁が現れて、自分が守るから、平家追討と天下統一を成就せよと頼朝公に勧めたといいます。その後伊豆で挙兵し関東の武士団を率いて鎌倉に入り、幕府を開いた頼朝公はその神恩に感謝し、畠山重忠に命じて佐助ヶ谷にその稲荷と思われる小さな祠をみつけさせ、早速社殿を再建したといいます。

佐助稲荷の名前は、「右兵衛佐」の官職にあった頼朝公が「佐殿」と呼ばれていたため、「佐殿を助けた」の意味でつけられたもので、御祭神・宇迦之御魂神は豊漁商工業産業の繁栄・商売繁盛の守護神ですが頼朝公の源氏再興を助け、出世の後押しをしたことから「おたすけ稲荷」「出世稲荷」「勝利稲荷」とも呼ばれ、大勢の参拝者でにぎわいます。また、境内には縁結びの11面観音が祀られ、良縁を祈願して絵馬を奉納する参拝者の姿も見受けられます。

伊豆の頼朝公に挙兵を勧め、京の以仁王より平家追討の令旨を得て源氏再興を促したのは文覚上人でしたが、このような由緒からも頼朝公の社寺に対する篤い信仰が、うかがわれます。

もどる
上へ 次へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu Shrine.All rights reserved.