人生儀礼
人生の節々において、これを祝い、神社に詣でて神様に生かされていることの 感謝と繁栄への
祈りをささげることを人生儀礼といいます。

着帯祝
赤ちゃんがお腹に宿った5ヶ月目の戌の日にお母さんが帯をつけるのが着帯の祝いです。
安産にあやかる儀式で、結婚式の後の最初の神様への挨拶が帯祝いとなります。

命名祝
無事出産の暁には7日目に生れた子供の名前が決まります。これが命名祝いです。
父・母親が子供の名前を決めるのは当然ですが、神社へ相談して決めることも大切なことです。

初宮詣
初宮詣イメージ 男子31日目、女子33日目にお宮参りをするのが一般的です。

これは母子共に神社に御挨拶できる日を取り決めた、古い習慣です。元気で健やかなお子様と御両親の神様への御挨拶、これが初宮詣の日です。
御家族揃ってお詣りできるのは人生最高の幸福の日です。

七五三祝
七五三祝イメージ 男の子、3才と5才。女の子、3才と7才の時に神様にお詣りをするのが七五三祝いです。

古くは髪置(かみおき)・袴着(はかまぎ)・帯直(おびなおし)といい、髪置とは誕生後初めて髪を伸ばし始める儀式で、男女共に3才の年の吉日を選びました。袴着とは、平安時代より公家の間で行われ、それが武家庶民に普及し、江戸時代には男子5才の祝いとして、正月吉日または11月15日に行われるようになりました。帯直は帯解きともいい、初めて帯をする女の子の祝いで、それまで帯の代用をしていた付紐を取り去り、衣服の脇をふさぎ、帯を着用したのです。

七五三祝が11月15日に定着したのは、天和元年(1681)徳川将軍綱吉の子徳松君が、この日に祝ったのが前例となったのだと伝えられています。 年祝いと共に健やかな子供の成長を祈る儀式です。
上へ

入園・入学の祝
社会人への大きなステップとして入園・入学の式があります。
入園・入学の報告はきちんと神様に奉告するのが日本人のルールです。

成人式
成人式イメージ 昔の男子の冠礼(かんむりのれい)初元結(はつもとゆい)元服、女子の髪上げに当たる儀式で、まさに成人の式典を祝う日です。

日本人としてのけじめの日、社会人として誓いを立てる日として20歳を迎えた最初の正月に、ご神前で晴れの儀式を執行します。
当宮では、成人の日に舞殿において祭典を執行し、成人式をお迎えの善男善女が舞殿に昇り誓いを立てて頂いております。

結婚式
結婚式 めでたいご縁を頂き、新しい家庭の誕生となります。

日本人としての正装で、神前に結婚の奉告をし、新しい人生を力強く生き抜こうとする二人の姿を、両家親族を始め、多くの人々にお認め頂くことは人生最大の儀式です。

さらに詳しい内容は「神前結婚式のご案内」 へ
上へ

厄除け
男性 25才 42才 61才     
女性 19才 33才 37才 61才

これらの厄年は、それぞれ心身の転換期であり、社会的にも重要な時期といえます。特に男性の42才、女性の33才は大厄といわれたいせつな時期とされています。そのような年には、厄除祈祷を受け、災厄から逃れることを祈ります。

厄除祈祷は年間を通してお受けいただけますが、特に節分の前直近の土日を含む3日間にかけては「鶴岡厄除大祭」が行われ、多くの方がご祈祷を受けられます。

年祝い
無事に寿命を重ね喜び(感謝)と力強い前進を祈るお祓いです。
還暦 61才 古稀 70才 喜寿 77才 傘寿 80才 米寿 88才 卒寿 90才 白寿 99才

葬儀
天寿を全うしてやがては一生を終わることになります。もともと人の生命は、神様から与えられたもの。しかしながら神道としての葬儀は長い間禁止されていました。明治以降は自由に葬儀をすることが出来るようになり、昔のやり方で先祖様をおまつりできるようになりました。
通夜祭・告別式・帰家祭・十日祭・三十日祭・五十日祭・百日祭・年祭のこと又お墓のことも全て当宮へご相談下さい。

さらに詳しい内容は「鶴岡八幡宮墓苑について

もどる 上へ
Copyright(c)2002-2003,TheTsurugaoka hachimangu.All rights reserved.