御祈祷
出張祭典の内容
地鎮祭 地鎮祭は、“とこしずめのまつり”と読み、普通には“じちんさい”といい、建物の新築に当たり、その土地の神様を祀り、土地の平安堅固と工事の無事完成を祈る祭が地鎮祭です。

上棟祭 上棟祭は、“むねあげまつり”と読みますが、普通には“じょうとうさい”といいます。各種建物の新築をするとき、その棟木をあげるのに当たり、家屋の守護神や工匠の神様を祀って今後長く新屋に禍いなく幸せのあることを祈る祭です。

竣工式清祓式 竣工式(しゅんこうしき)、清祓式(きよはらいしき)とよみ、建物の完成を祝い、そして家屋を祓いいよいよ入居となるわけです。一般的には、会社などで竣工式とよび、家庭では、清祓式とよびます。

神棚祭 神棚祭(かみだなさい)、新しい住居ができたら、さっそく神棚を設け、お祭りをいたします。そして、家庭において、特定の日を設けて神棚祭を行うことが大事なことです。

神葬祭 神道による葬儀を神葬祭(しんそうさい)といいます。その様子は「古事記」「日本書紀」にも記されており日本人固有の「人は神さまの中から生まれ、神さまの元へ還ってゆく」と云う信仰を伝えるものです。江戸時代には仏式の葬儀が定着しましたが、明治以降、我が国古来の精神や文化を見直す機運の高まりとともに神葬祭が広く行われるようになりました。現在では清楚で経済的な葬礼として神葬祭を望む方も増えています。
主な儀式に通夜祭・葬場祭(告別式)等があります。神葬祭では霊璽(れいじ)に故人の御霊(おみたま)をお遷しします。これは仏式の位牌にあたるものです。霊璽は御霊舎(みたまや:仏式の仏壇にあたる)にお祀りし、日々家族を見守って下さるようお祈りするのです。

年祭 お亡くなりになった後、一年・三年・五年・十年等の節目の年に行います。故人の御霊を偲び、家族や子孫の繁栄を祈ります。
神葬祭

平成17年3月に竣工いたしました。神道や鶴岡八幡宮を崇敬する方の墓苑です。
もっと詳しく  


プール開き、ふいご祭(火入れ式)、除幕式、進水式、井戸祓い、樹木伐採式、増改築清祓なども受け付けております。
御祓いイメージ
御祓いイメージ

上へ
出張祭典のお申込み
いつでも、お申し込みいただけますので社務所宛ご連絡願います。
鶴岡八幡宮社務所
 TEL:0467-22-0315
 FAX:0467-22-4667

受付申込時間
  4/1〜 9/30    8:30〜17:30 ※正月期間中の祈祷時間については、
「初詣情報」にてご確認下さい。
  10/1〜11/30   8:30〜17:00
  12/1〜 1/31 8:30〜16:30
  2/1〜 3/31 8:30〜16:30

メールによる出張祭典の相談を承ります。
1.予定日時
2.連絡先(氏名、住所、TEL)
3.外祭の種類,内容
上記を御記入の上、saigi@hachimangu.or.jp 宛にお送り下さい。
確認後八幡宮より御連絡を差し上げます。

もどる 上へ
Copyright(c)2002,TheTsurugaoka hachimangu.All rights reserved.